PourVous代表 神谷のBLOG

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

↑一日一回クリックしてね


前髪割れの悩み解消を縮毛矯正の技術で対応すると・・・

img_6598-1.jpg

短いからしならない=真っすぐすぎる前髪

そして

短く髪自体に重さがないので根元が引っ張られない=根元がすぐ伸びてくるから持ちが悪い

だから、

前髪割れに縮毛矯正で対応しない方がいいんじゃない??

前回はそんな内容でした。

前回の記事↓

No3・前髪が割れるなら、縮毛矯正よりボリュームエクステの方が間違いなく自然な仕上がりです。

今までは縮毛矯正をして前髪割れを何とか誤魔化していた

でもその為の解決方法は縮毛矯正じゃない方がいいんじゃないの??

じゃあどうしろっていう訳??

という訳で

それで今日言いたいことはBLOGのタイトル通りですよね(笑)

前髪が割れるなら、縮毛矯正よりボリュームエクステの方が間違いなく自然な仕上がりです。

そうこれです。

こんな風に前髪が割れる↓

fullsizerender-2.jpg img_5633.jpg img_5277-1.jpg

今現在の世の中でそんなお悩みを解消するなら、

間違いなくボリュームエクステ・増毛が最強です。

 

●生え際に割れる癖があって隙間ができる前髪の悩みも↓

 

●Before 

fullsizerender-2.jpg

●After 

img_1481.jpg

どうですか??

とてつもなく自然で柔らかい自毛のような動きを実現できてますよね??

更に

3か月以上の持ちの良さ!!

 

前髪に縮毛矯正をかけるとどうしても

自毛とは程遠い硬い動きになりがち・・・、

しかも、

一番癖の強い根元部分ががすぐ生えてくるので、1か月位経つとなんとなく前髪が割れだしたり・・・

 

でもボリュームエクステ・増毛ならそんな問題は起こりません。

●縮毛矯正のように髪が不自然に硬くなることがない。

●ボリュームエクステ・増毛に使用する人口毛は熱処理で形状記憶するので自毛になじみが良い

●持ちも良い!!

前髪割れに長く悩んできた人が、ボリュームエクステ・増毛を試さない理由ってないと思うんですよね~?

●Before 

img_6598-1.jpg

 

●After

img_6609.jpg

前髪割れでお悩みの人は是非一度試してみてくださいね~。

 

ボリュームエクステ・増毛についての質問や疑問ご相談は

下記↓特設サイトに設置されたLINEからもお受けできます。

気になった方はお問合せ下さいね。

 


◇◇◇このBLOGを読んで頂いたあなたに知っていただきたい事◇◇◇◇


美容室で気軽に相談できるボリュームエクステ・増毛法を

世の中の沢山のお客様に知って頂き、

薄毛に対する偏見を少しでも無くして、増毛法を身近で当たり前の物にしたい。

そして、

ボリュームエクステ・増毛法を通して、あなたの髪の悩みを解消し「自分に自信をもって毎日を過ごして頂く為のサポートをしたい」

このブログは、

そんな使命感をもって毎日を過ごしている、

福島県郡山市の美容室

(株)プールブー代表の神谷が

●ボリュームエクステ・増毛法について

●その日に感じた事

●etc…

を日々発信しています。

この発信を通して少しでも増毛を身近なものに感じてもらえたら嬉しいです。

もし共感して頂ける部分があれば

是非シェアや・いいね等で応援よろしくお願いします(^^)



この記事の執筆者・神谷功



img_4320.jpg福島県郡山市の美容室プールブーヘアデザイン・プールブーオリジンの2店舗を運営する

株式会社プールブー代表。

美しく健康的な髪を維持したいとお悩みの方への髪質改善・頭皮ケアへの知識に造詣が深い。

同じ知識を共有するスタッフを育成した事により

現在は髪質改善・頭皮ケアの新規のお客様への対応はスタッフに一任している。

自身は更に深いお客様のお悩みにお応えするべく

ボリュームエクステ・増毛法の造詣を深めると同時に情報発信に努めている。

 



Lineからのお問い合わせ・ご予約もお気軽にどうぞ。

友だち追加



当店のボリュームエクステ・増毛法をもっと詳しく知りたい方は

下記の増毛・ボリュームエクステ特設サイトをご覧ください↓↓↓↓

ブログバナー



「↓↓カテゴリ別の記事」

「増毛法の初回体験」についての記事

「増毛事例の紹介記事」

「増毛時のカラー&パーマに」ついての記事

「 増毛後のメンテナンス」についての記事

 「結ぶ増毛技術ってどんなモノ??」と疑問の方へ向けた記事

 「健康な髪への頭皮ケア」についての記事

「増毛についてのetc.記事」

「日常的に感じた出来事を自由に綴った記事。」